cotublog【少しプラスになる暮らしの知恵】

cotublog.日々の暮らしで気づいた「少しプラスになる」情報を纏めています。

気持ちをリセットする為にしている6つのこと

【落ち込んでも立ち直れる】気持ちをリセットする為にしている6つのこと

OL時代、仕事でヘトヘトになっても、毎日切り替えて通勤が出来たのは「自分を休めるコツ」を掴んだからだと思います。

今回は気持ちをリセットする為にしていたことを纏めました。

参考になれば幸いです。

 

こんな方におすすめ

・いつも頑張り過ぎてしまう方

・自分を休めるコツを見つけられていない方

 

結論


自分を休めるコツ

・自分の好みを洗い出す

・無心になれることを見つける

・とことん自分自身と向き合う

結論から言ってしまうと、自分の好みを把握した上で無心になれることを見つけると「疲れた原因」や「落ち込んだきっかけ」から距離を置くことができます。

逆にこれ以上考えることもない!と言えるほど悩みと向き合うことで堂々巡りをすることはなくなりました。 

以下具体的に行っていたことを書き連ねます。

 

無心になれることをする


・好きなものを食べる

定番かもしれないけど、好きなものに慰めてもらいましょう。笑

落ち込んだ度合によって食べる物を分けているので、疲れた日ほど良い物を食べます。

 

 

軽度 = ジューススタンド

中度 = カフェ、焼き鳥

重度 = 高野フルーツパーラー

 

と決めていて(笑)、イヤフォンで音楽を聴きながら、好きな物を食べると元気が出ます。

重度の傷を負った時には、引き換えに良い物を食べる!とルールを作ると気が楽です。

 

・爪を磨く

無心になれるから。笑

指先が綺麗になると気分も上がるし、落ち込んだ時はとりあえず爪を磨く。

私の場合は、「爪を磨く」ですが、人によっては読書だったり、音楽を聴くこと、絵を描くことかもしれない。

難しいことを考えず、心を無に出来ることを知っておくことが重要です。

 

・マッサージに行く

台湾系のマッサージ屋さんに行ってゴリゴリに押してもらいます。

マッサージ終わりに身体が軽くなったのを実感すると「あぁ今日も頑張ったなぁ」「自分お疲れ」と心の中で自分を褒めて気分を上げてます。笑

 

・ドラッグストアで気になるコスメを買う

話題のパックやスキンケア用品を買うことが多いです。

事前に口コミサイトで定評のある商品を纏めておいて、落ち込んだ時にまとめて買います。

帰宅して、試す時間が最高なんですよね。

良い化粧品って使い続けるほど結果が出るので、毎日その効果を実感出来ると気分が上がる。

単純だけどそれだけで軽度の疲れだったら吹っ飛びます。

 

・友人と話す

考え尽くしてもくよくよしてしまうことは気心知れた友人に話します。結局は悩んでいたことも忘れ「楽しかったね〜!!」と面白かった話を思い出して笑い合うと「悩んでも仕方がない!」とモヤモヤした気持ちが吹っ飛びます(笑)アホっぽいですが特効薬。

 

とことん自分自身と向き合う


・帰り道は遠回りをする

最寄り駅の手前で降りて、1時間半程かけて自宅まで歩いて帰ります。

この歩いてる間に、これ以上悩むことなんてない!と言えるほど考え尽くします。

反省点や落ち込んだきっかけを思い返して次回同じことが起きないよう対策を練ります。

悩んでも仕方がないこともありますが、「悩みの種」と向き合うことで気づくことがあります。

 

最後に


最後に

特別なことは何もしていなくて、「無心になれること」「とことん自分自身と向き合うこと」で気持ちをリセット出来るようになりました。

 

思考回路は単純で、難しいことを考えず「自分を休めるルール」を決めているとそのレールに沿って動くだけなので、非常事態が起きても落ち着いて対処が出来ます。

「ま、いっか」の精神が身につき、流せるようになったのも大きい。

 

落ち込んでものちに良いことが待っている!と思うと、きっと「上手くいかない日もありかな。」と思えるようになりますよ。